SEO対策(検索エンジン最適化)とは

SEO対策とは

SEO対策とは「Search Engine Optimaization」の略称で、言葉の通り「検索エンジン最適化」のことを指します。
もう少し具体的にいえば、 Yahoo[ヤフー]Google[グーグル]Bing[ビング] 等の検索サービスから任意のキーワードで検索した際に、自身の管理するウェブページ(コーポレートサイト、ウェブサービス、ブログのあらゆるウェブコンテンツ)を

検索結果の上位に表示させるための手法の総称です。

ある機関が実施したアンケート調査の結果によると、検索結果のトップページまでしか閲覧しないというユーザが大多数を占めており、検索サービスの検索結果上位に表示させることそのものがウェブマーケティングであるといっても過言ではありません。

そのための手法を総称してSEO対策(検索エンジン最適化)と呼ぶのです。

そして、SEO対策(検索エンジン最適化)は 内部対策と 外部対策の大きく2つの手法に分類され、それぞれに特化した専門業者が日々しのぎを削っています。

SEO対策実績

複合キーワード 対策実績
対策キーワード(複合) YAHOO! Google
カー用品 通販 1~10位 1~10位
洗車 名古屋 1~10位 1~10位
収納ベッド 通販 1~10位 1~10位
英語 リスニング 1~10位 1~10位
名刺 激安 1~10位 1~10位
美容室 名古屋 1~10位 1~10位
クレジットカード 比較 1~10位 1~10位
時計 修理 1~10位 1~10位
霊柩車 愛知 1~10位 1~10位
設計事務所 愛知 1~10位 1~10位
ペットサロン 名古屋 1~10位 1~10位
パーティードレス 通販 1~10位 1~10位

SEO対策における内部対策

内部対策とは、各検索サービスの検索ロボット(検索エンジン)へのインデックス率を高めて、任意のキーワードで検索された際に自身の管理するウェブページが検索結果上位に表示されるように、

内部構造(つまりHTMLやCSS等)を最適化する手法を指します。

具体的には、下記に挙げるような細かい対策が必要となります。

* W3Cの提唱するウェブ標準の仕様に誤りがないようにHTMLやCSSを記述すること
* タイトル、メタキーワード、メタディスクリプション、ヘッドラインタグにキーワードを入れる
* インデックスさせたいキーワードを適度にページ内に散りばめる(キーワード出現頻度を3~5%で調整)

HTMLやCSSのチェックには、ウェブベースで自己採点を行える下記のサービスなどが有名です。

【HTML文法のチェック】

* W3C Markup Validation Service
* Another HTML-lint gateway

【CSS文法のチェック】

* W3C CSS Validation Service

また若干趣旨は異なりますが、自身の管理するウェブページのインデックス状況や、キーワードの発生頻度を調べるためのツールとして、下記のサービスなどが有効有名です。

【ウェブマスターツール】

* Google ウェブマスターセントラル
* Bing ウェブマスターセンター

SEO対策における外部対策

外部対策とは、各検索サービスの検索ロボット(検索エンジン)からの評価を高めて、任意のキーワードで検索された際に自身の管理するウェブページが検索結果上位に表示されるように、

外的要素(つまり外部ページからの被リンク・バックリンク)を最適化する手法を指します。

ウェブページの評価の一部は、概ね下記のような式に基づき、総合的に評価されます。

被リンク(バックリンク)元のページの評価 × リンク数 + α

ここで、被リンク(バックリンク)とは、外部のページから自身の管理するウェブページに対するリンクのことを指します。つまり

評価の高い外部ページからより多くの被リンク(バックリンク)を集めること

がSEO対策において、非常に重要な手段となるのです。

とはいえ、よっぽどコンテンツが充実して人気の高いサイトでない限り、外部のサイト管理者があなたのウェブページに対してリンクしてくれることはありません。

被リンク(バックリンク)対策は、あなたの管理するウェブページに対して、 良質な被リンク(バックリンク)を人為的に多数設置させていただき、検索上位に表示されやすいようにするためのサービスです。

お問い合わせ 見積もり